« 耳とやかん | Main | 擬態と自然体 »

2017.02.22

消耗品と人的資源

P2058214


 映画等(歌舞伎とか演劇全般?)について語るとき、ストーリーについて話しているのに、役名ではなく俳優の名前で登場人物を呼ぶ慣習がある。確かにあれをすると通っぽい感じがする。私は演者に注目して観ていますよ、というアピールになる。でも、我々は批評家じゃない。純粋に話の内容だけにしか興味が無い者にとっては、俳優の名前なんてどうでもよいのだ。劇中で語られない事は知らなくたっていいじゃないか。もう格好つけるのはよそうよ。
 といって、役名が思い出せない(不真面目!)から俳優の名前を言うという場合もあるだろうから、難しいな。

|

« 耳とやかん | Main | 擬態と自然体 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 耳とやかん | Main | 擬態と自然体 »